スポンサーサイト

  • 2015.01.11 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    掌編読んだ<感想まとめ>

    • 2014.09.11 Thursday
    • 03:48



    掌編読んだ<感想まとめ>2014.9.13.作成

    <1>見方の説明

    読んだ作品を読んだ順に並べてます(だいたい投稿された順かもしれませんね)。
    小説の感想人名は、「お茶龍」です。
    感想掲示板で感想を書いています。これはそのコピペ。そして追加で、ひと言、ふた言・・
    リンクURL先を貼っておきますので、興味あればそこから。

    あくまでも個人の感覚や主観です。
    "辛口注意"等は書いてませんので、ご了承を。ネタばれを含む時があります。
    リンク先で小説が削除されていたり、作家さんが退会なさっている場合があります。
    それらについてのクレームは受け付けませんので、悪しからず。
    いつ如何なる時も自己責任でお願いします。

    では、行ってみよう。
    読んだ順の番号を頭に、
    [ ]の番号は、感想掲示板の表題に付けられていた番号です。書込みナンバー。
    作者名「作品タイトル」
    あらすじ:
    小説のURL(PC版)、作者返信
    となります。


     * * *
     

    1●[52] マナ'「僕の街の真ん中にはいつも時計塔がある」
    あらすじ:
    街。閉鎖された世界。共に生きていきた世界。閉塞感を感じる空間。
    少しだけファンタジーで、そんなふつうな物語。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n2979cf/

     

    [感想]
    こんにちは初めまして。
    少しだけファンタジーで、普通な物語。そのままそうなので、派手さはない。
    情景は浮かびやすい丁寧な文章。もし閉ざされた空間から飛び出せたら。
    これから始まる長いストーリーの序章かもしれません。それを期待させるような、素敵な世界観でした。
     

     *


    2●[54] 名明 伸夫「シュレディンガーの魚」
    あらすじ:
    ──あなたは"初恋"を覚えていますか?──
    英明、健二、美由紀。三人の幼馴染みが織り成す、初恋をテーマに描いた作品です。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n2727cf/

     
    [感想]
    こんにちは初めまして。
    猫が魚になっちゃったんですね、ちょっとしたゲームみたいな。
    温かみのある爽やかな読了感でした。
     

     *
     

    3●[55] 丸屋嗣也「神の創りたもうた世界」
    あらすじ:
    ぼく(マイク)は、ゲームのデバックを生業としている。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n2611cf/

     

    [感想]
    正しくは「デバッグ (debug) 」でデバッガ、あと「バグ」です。
    こんにちは初めまして。
    少し不思議、でも黒い方の。後半に行くほど黒さが増していく。
    救いがないのが痛い。でも実際に、そういう世界に我々は住んでるんですよねえー、なんて思ったり。
    手を合わせて「ごちそうさま」を忘れずに、ってとこです。
    ではでは、ごちそうさまでした。
     

     *


    4●[56] 丸屋嗣也「すごくファラオです!」
    あらすじ:
    エジプト新王国時代、特異な時代を築いたファラオ・アクエンアテンとその妻ネフェルティティのお話。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n2605cf/
     

    [感想]
    こんにちは、2作目読了です。
    気がつかれないのが完全。所詮は自己満足でしかないのでしょうけど。
    信じなければその存在自体が危うくなる。不確かなものだね、と改めて認識。
    ありふれた内容でしたけど、行方不明になった妻が気になります。
    では、ごちそうさまです。
     

     *
     

    5●[57] 【辛口NG】usugeatama「ナンパ」
    あらすじ:
    知らない、可愛い女の子にナンパされた。
    でも、彼女は僕のこと、よく知ってる。
    …どういうこと?
    URL:http://ncode.syosetu.com/n2062cf/

     

    [感想]
    こんにちは初めまして。
    細かい事は抜きにして。僕の空白部分に一体何が…
    と、いう事で読んでいくと…
    結果オーライ(笑)。そーですかぁ!
    青春ファイトでした。前向きな彼女、可愛いなと思いました。
     

     *


    6●[63] へげぞぞ「星々の奏でる命の歌を聞いてはいけない」
    あらすじ:
    星々の奏でる命の歌を聞くことのできる少女ミンクの見ている世界をなんとか理解しようとする少年ゲババの物語。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n5599cd/
     

    [感想]
    こんにちは初めまして。
    知的好奇心とは…
    いやぁ、美しい。ミンク、知った者だからこそ流せる涙に、優しさを感じました。
    でも最後、そんな簡単にバラしてしまってもいいのかしら…
    それでは。


     *


    7●[64] ohrumm「背中を、朱く染めず」
    あらすじ:
    S・Fの略は本文参照。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n3052cf/
     

    [感想]
    こんにちは初めまして。
    独特の文章が惹きつけられました。内容が「……。」だったのは否めないですが、
    掌編だから、まあいっかー、と。
    どうでもいい人間ほど長生きするんでまいか。
    妙に滑稽で面白かったです。
     

     *
     

    8●[65] 百(難しい童話)「ロボット密室消失事件」
    あらすじ:
    ロボットが密室で消失するという事件が起こってやって来た女性二人に、その被害者の野戸君が逆セクハラの被害を受けるという話です。一応、事件は解決するっぽいです。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n3056cf/

     

    [感想]
    こんにちは失礼します。
    密室が要ではなくてサイエンスの方が要。某ネット密林の利用をしょっちゅうしてる身としては、大変興味深かったです。
    この緩〜いエロネタをどこまで引っ張っていくんだろう(笑)と思いながら。
    完成されたロボットが個人だけのものなら問題も少ないのかなー、と考えるのですけど、
    今回の様に他人に触れるものならプライバシーが、なぁ…とか要らん事を考えないといけないわけで。他人にも知られる。それを自分個人の一言でいうと、「面倒くさい」です。だって人間だもの。お茶を。
    と、まぁ、狭い頭でどこから手をつけていいのか判らない膨大な量を前に人間は気苦労するわけですが←
    エロ本を隠した場合も想像しつつ、楽しかったです。では。
     

    ★※感想の返信
    企画終了前に書きこまれてしまいましたが(本当は終了後に書くのです)、誉められちゃったので(笑)掲載しておきます。
    こんなに長い文章でせっかく書いて下さったのに、勿体ない・・というもので。
    ネタばれになるので未読の方は読まない事を勧めます。はい。

    [317] すいません。説明します【ネタばれ注意】 Name:百   2014/08/01(金) 22:21
    まず、お礼を。
    皆さん、感想、ありがとうございます。
    むっちゃ嬉しかったです。

    で、と。
    無粋かとも思ったのですが、変な小説を書いてしまった所為で、一部の人を混乱させてしまったようなので、説明します。

    えっと、まずこの小説は、熟読派と濫読派でまったく違う評価になるように書きました。熟読派は「あ、もしかしたら、こういう事かな?」と深読みできるよう、濫読派は軽く楽しめる感じになるよう目指したのですね(感想を観る限りでは、概ね狙い通りのようなので、満足していたりしますが)。

    その為に、この小説では、変則的なミスリード手法を使いました。
    ミスリードっていうのは、読者を勘違いさせるよう導く手法で、主にミステリで用いられますが、広義の意味ならば、幅広い分野で使われています。

    例えば、一人称を「僕」で書いて、男にしてはなんだか変だなって思わせておいて、実は主体が女性だったとかってやるのですね。

    ただ、通常のミステリでは、トリックの一部としてミスリードを使うのに対し、この小説では、ストーリー構成に対してミスリードを使ったのですが(だから、変則的なのです)。

    スタンダードなミステリ小説のストーリー構成は、事件の経過と謎がリンクしています。分かり易く書くと、

    事件前(前振り・ヒント)
      ↓
    事件発生(謎の提示)
      ↓
    事件解決(謎解き)
      ↓
    事件後(補足等)

    となりますが、この小説ではそれが違っていて、

    事件前(前振り・ヒント)
      ↓
    事件発生(前振り・ヒント)
      ↓
    事件解決(前振り・ヒント)
      ↓
    事件後(本当の謎の提示及び、謎解き)

    となっているのですね。事件解決まで、実は前振りとヒントという……(オイ)。で、その後で、テーマとリンクする本当の謎が始まるのです。短いですけどね。

    つまり、本来、前振りとヒントに過ぎない”ロボット密室消失事件”を、読者にメインと思わせるというミスリードをやったんです。
    ですが、どこかで読者に「これはミスリードだよ」って事を匂わせてやらないといけない。じゃないと、推理小説として成立しませんから。
    だからその為に、「ロボットの描写を省く」、「探偵役に推理ミスをさせる」、「単なる逆セクハラ要員にロボットを発見させる」といったような事をやりました。

    早い話が、ストーリー構成を推理しなくてはならないというメタ推理小説でもあったんです、これ。

    はい。
    誰が分かるんだ?って感じですね(笑)。
    正直言って、熟読派が注意深く読まないと、気が付けない……

    と、思っていたのですが、
    感想を書いてくれた人の中に、ミスリードだって事に明確に気が付いているっぽい人がいたので、ビックリしています。事件のあとで。あなたは、凄い!

    他にも恐らく、上手いと評価してくれたり、ロボットの描写が省かれている事に違和感を抱かなかった人なんかは、漠然と無意識化で察していたのじゃないかな?なんて思っているのですが、どうでしょうかね。

    一応書いておきますが、
    これ、分からなかったからと言って、決して恥ずべき事じゃありません。繰り返しますが、熟読派が注意深く読まないと分からないと思う(あと、ミスリードの手法に慣れているかどうかとか)。
    読み手のタイプ差に優劣はないですしね。

    もし、僕が純粋に読者側だったら、分からなかったかもしれないし(コラ)

    最後に、もう一度、お礼を言っておきます。
    ありがとうございました!


    投票後に改めて掲示板の方にアップされています。

     

     *


    9●[68] ゆんちゃん「栄光の未来へ」
    あらすじ:
    タイムマシンを開発し、己の運命を変えようとした博士が辿る結末は……。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n3068cf/
     

    [感想]
    こんにちは初めまして。
    オチとしては弱かったかなーと言えなくもないですが、かといって冒頭で伏線を張るとすぐに想像がつけられそうですし。難しいところ。
    まとまっていていいですが、それ故に物足りなさはありました。
    ですが自分の私利私欲の為に奮闘するさまは楽しく、読了後に心地よかったです。
    ではでは失礼。
     

     *
     

    10●[77] グラゼロ「メモリーエディター」
    あらすじ :
    「あなたのSFコンテスト」参加作品です。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n4976ce/
     

    [感想]
    こんにちは初めまして。
    釈然としないものを読了で残しますが、もしこれをブラックで受けとるなら悲しく、明るく未来を想像するなら希望を持つ、
    要するにまぁ、読み手の想像に委ねられた最後でした。
    どうにも、自分的にはブラックで想像してしまうのですけどorz
    どっちみち、記憶というのは新たな情報により構築され、→消去は繰り返されるのかなあと。
    だとすると博士のした事に意味はあるのかと問いたくなります。
    実験的なお話に思えました。
    ではでは。
     


     * * *



    まずは、10作品でした。
    自分用に後で見やすく★5段階でメモに付けてたんですけど、投票などの影響も考えて、ここでは消しています。
    そもそも持論ですが、作品に評価は付けたくない。
    けど、付けるべきは、付けます。いやー、だって作品て作家の脳内ですし。それを批判したり自分がこうだからこう、という意見の押し付けは、ともより、人を評価するなんてしたくありません。天は人の上に〜うんにゃら。
    これが商業用なら付ける。買ってもらう事で経済が潤いますから。
    書くのは、あくまでも個人による主観、感想である。

    ・・っていうのがあるのよ。ほほ。

    芸歴も長いよな、私も何十年と・・
    感想も練習だねー、っと。

    記事の「続き」があるので、そこから



     



     * * *
     


    11●[78] ミナミミツル「悪魔のSF用語集」
    あらすじ:
    SFの用語集に見せかけた冗句集。
    タイトルは用語集だけど用語集ではないので上から読んでください。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n3098cf/
     

    [感想] アンチ…
    こんにちは初めまして。
    笑うなあ。こういう毒づき大好きです。
    文体や表現に遠慮は不要かと(私見というか、まぁここの企画では)。法律や規約または常識的な範囲内ですけどね。
    文体等より、読み手の理解を得られる事に尽力をと、どんな作品であろうとも思います。
    無論、自分の読解力との綱引きですけれどもね(苦笑)。解ると面白いのは常。
    と、いうわけで、面白かったです。ではでは。

     

    >お茶龍さん
    >読み手の理解を得られる事に尽力をと、どんな作品であろうとも思います。
    全く同感です。読み返してまだまだ不親切な所、より良くできる所、自分で分かっているだけで多々ありました。
    読者の理解に寄り掛かった作品でしたが、楽しんでくれたのであれば幸いです。



     

     *


    12●[108] 神崎結衣「永咲カメリア」
    あらすじ:
    彼女は彼の妻だった。少しだけ未来の、個人の価値観が優先されすぎた故に何かが壊れた世界で暮らした二人の愛の形。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n3226cf/
     

    [感想]
    こんにちは初めまして。
    うーむ、愛の形…
    そう言われれば、最後も「そうか…」と溜息で呟くしかありませんでした。
    文章が丁寧で、読み進めていくうちに妻の正体も明らかになっていく過程が巧いと思います。
    でも、最後にもうひと押し何かがあれば、といった感。結局の所、○びゆくしかないのか…! と。
    それは私の個人的な不満でしかないのかもしれませんが。救われたい…
    ではでは、純愛に酔いしれつつ。
     

     *


    13●[99] 戸松有葉「異星人の交渉相手」
    あらすじ:
    地球に異星人が訪れた。地球人たちは誰が交渉するかで揉めるが……。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n3165cf/

     

    [感想]
    こんにちは初めまして。
    オチありき。どうオチてくれるんだろうなとワクワクしながら読んだ結果。笑!
    そうこなくっちゃと思いました。
    楽しかったです。では。
     

     *


    14●[158] 雨宮吾子「歳晩の三日月」
    あらすじ:
    辞書から拾い上げた「ドレッサー・再転・奇利・三日月・歳晩・幽邃・老優」のキーワードを元に書き上げました。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n3147cf/
     

    [感想] 三日月さん怖い
    こんにちは初めまして。
    魔訶不思議! そんな言葉が浮かびました。
    満月だったら狼とか血を吸うアイツとかが安易に思い起こされるのでしょうけど、三日月の場合は、何が起こってしまうのだろうなと。
    嫉妬は怖ぇや……読後で背筋がゾクッとなる。月に関するイメージがしやすく、掌編ながらも充分に世界観が表れていてよかったな〜と思います。
    歳晩って何だろうと念の為に調べてみると、年末。ああそうなの(何だよう、そのまんまかよぅ笑)。
    素敵な時間でした。では。
     

    >お茶龍様
    どうも初めまして。
    嫉妬は恐ろしいです。いつどこで恨みを買っているか分かりませんが、これを書きながら私は嫉妬されることには縁がないなと、安心したような悲しくなるような。
    そうなんです、歳晩というのは年末なんです。それだけなんです。ちょっと捻くれてしまったかなと反省しています。
    こちらこそ素敵なご感想をありがとうございました。



    ・・捻くれ(笑)
    そうなの?

     

     *
     

    15●[191] 泣言「シンデレラ・ファイト」
    あらすじ:響き渡る雄叫び、集められた猛者達、用意された戦いの舞台。「一番強い人が、主人公だ」
    そこは童話の世界。年に一度の主人公を決める武闘会が開かれようとしていた。各童話から、戦える登場人物が代表としてその座を争う。
    シンデレラの魔法使いは、彼女を主役にできるのか?「今年もあたしが出るから。馬車の手配よろしく」「NOOOOOOOOO」ガテン系ヒロインのサクセスストーリー。多分。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n3509cf/

     

    [感想] 戦うヒロイン
    こんにちは初めまして。
    肉体派ヒロイン。こりはヤラレましたね。
    既存の有名童話をベースにギャグ全開。その勢いで一気読み。ツボると、ハマるかも。
    確かに、魔法使いと王子との三角関係は、面白くなるよーな気がします(後書きより)。
    でもループしちゃうんですよね?(笑)
    かぼちゃと王子がいい味でした。
    楽しめました。ではでは。
     


    >お茶龍様
    初めて感想を頂いたことで、PC前で三つ指をついておりました。
    後書きまで読んで頂いて感激したこともよく覚えています。
    魔法使いと王子との三角関係もいつか書ければいいなと思っています。魔法使いが一人で空回るだけのような気もしますが……笑
    ありがとうございました。


     

     *
     

    16●[190] みづき海斗「桜ファンタジー」
    あらすじ:
    桜の舞い散るときに、僕らは出会った。それは偶然なのか、必然なのか。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n1026ce/

     
    [感想]
    こんにちは初めまして。
    前書きで意味深な事を書かれていたので、さて……? と、ゆっくりと状況を想像しつつ、幻想的な世界観を壊さないように慎重に読ませて頂きました。
    後半にいくほど視覚に頼りすぎちゃったかな?と、そんな受け方がありましたが、切なく終わった。
    桜も、材料としてはよく使われますが、人で、出会いと別れとか、改めて考えてしまいましたね。
    ではでは、よい塩梅のままに失礼を。

     

     *

     

    17●[199] 噛み付き熊さん「『夢』」
    あらすじ:
    『俺』の語る『夢』の話。『俺』が誰で、この『夢』がなんなのかそれは誰にも分からない。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n3852cf/

     
    [感想]
    こんにちは初めまして。
    幽体離脱かと思ったら。○○で。そこは「そうか〜」と頷きつつ読了。話自体は、面白いな〜と思いました。
    夢の意味って考えても無駄なんだろうかと、この作品を読む以前から考えてます(楽しみとして夢占いとかがありますが)。
    某有名作家(SF作家じゃない)も同じ、夢を書いたような本を書いてたりしますが、意味がひとつひとつ、たとえわからなくても面白いものは、面白い。
    ストーリーという骨がない魚を噛んでいても、オイシイ話(身)はオイシイ……。
    言葉にならない「何か」が、暴れております。
     

    ちょっと真面目に(後書き含め)以下。ちょっとだけ。
     

    私はSFを書き上げると、常時悩む事があります。SF作品が生まれた際、それは、
    「SFを書こうと思って書く」のか、「書いてみたらSF」なのか。
    どっちも結果としてはSFなのですが、完成するまでの過程が違います。
    そこでいつも追随するかの様に「SFとは何か」を考慮するのですが、解らない。
    まるでもともとが無いものを探しているかの様です。私の場合に至っては、後者がほとんど。

    夢も似ていますね。夢と言ってもだいだい2つ、寝て見る夢と希望の方の夢。
    ここでは前者で、脳に入れた記憶などの整合や消去を行うのが睡眠かと一応、普段は解釈してるのですが、
    辻褄が合わない事も夢なら可能で面白かったりするのですが、

    上記の様に書いていざ比べてみると……やっぱり、SFと夢って似ている様な気がします。
    どっちも不確かで、わからない。
    だけど知りたいから追求する。わからないものの為に。

    >このコンテストは従来のSFを根底から覆すような何か違うものを求めるものだと
    それで合ってると思いますよ。難しいですけど。見つかれば幸運です。
    それを探しながら書いてる人は書いてます。しかしただの自己満足で自分探しの旅でしょうかね(遠い目)。さてな。


     

    それでは長々と失礼しました。ではでは。
     


     *



    18●[200] 七星瑛「文字の冒険者」
    あらすじ:
    朝、目を覚ました世界がいつもと少しだけ違っていたら。
    そして、それを認識しているのが『私一人』だけだったとするのなら――。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n3863cf/
     

    [感想]
    こんにちは初めまして。
    少しはみ出した様な世界。このちょい加減がいいなと思いました。
    人は、読めない字に出会った時、どういった行動に出るかと考えれば、調べる、聞く等。
    それでも分からなければ、諦めてスルー、適当に呼ぶ等。
    分かるまで苦労する。まさに冒険だ。だとすると字のまだ読めない赤ちゃんは、毎日が冒険ですね! と羨ましく思ったりします。
    ではでは、短くてもまとまった、不思議世界でした。
     

     *
     

    19●[194] 津嶋朋靖「究極防御兵器」
    あらすじ:
    核兵器を無効化する装置が開発され、日本中に配備された。核の恐怖から解放されたと思われた日本に核ミサイルが発射される。早速、装置を稼働させてみたが思わぬ事態が……
    URL:http://ncode.syosetu.com/n3586cf/

     

    [感想]
    こんにちは初めまして。
    高圧的な日本が読んでいて爽快でした(笑)。そんな希望があった。
    途中までは良かったと思いますが、最後のオチが想定内に終わってしまったのが残念でした。でも、ドラ○えもんの道具じゃないけど未来にできたらいいなという事で、楽しく読みました。総理、しっかり!
    ではでは。
     

     *
     

    20●[189] 【辛口NG】黄昏狐「黄昏tails」
    あらすじ:
    10年前、我々″フォクシー″の母星は周辺宙域における戦闘に巻き込まれる形で砕け散った──数億のフォクシーをその地に抱いたまま。
    天涯孤独の身となったフォクシーの少女に待ち受ける運命とは──?!
    URL:http://ncode.syosetu.com/n3460cf/

     

    [感想] 超カワイイんですけど何か?
    ぶはっ。
    初めましてこんにちは。
    何に噴出しているんだと……もふもふ、可愛すぐる! 絶対触りますね私(変態だ…)。
    途中で展開に唐突感があったのですが、まあいいや細かい事は無しで読み易く楽しかったです。
    最後の軽い毒にもクスリと笑い。お腹すいたな…
    ではでは、フォクシーを絶賛しつつ。
     

    >お茶龍様
    「へんたいよくできました」。
    唐突感は書いてる本人がよくわかってます。ホントはロングバージョンあるのよう!(未完)
    どの変が毒に感じました???



    >『ジャパニーズ』の純血種が絶滅危惧、ってところかな。
    二ホンオオカミの事を思っちゃったよ(笑)

     

     *

     

    21●[232] グラゼロ「わたしのSFコンテスト」
    あらすじ:
    SFが何の略かは本文に記載。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n4303cf/

     

    [感想]
    こんにちは初めまして。
    おおー。綺麗にまとまっていて尚且つ面白い。
    持ち上げてオトす。緩急具合が素晴らしい。ただ単に喜びでした。
    楽しませて頂きました。では〜
     

     *
     

    22●[233] 征彌「ぱぁん」
    あらすじ:
    私は居心地の悪さを感じながら待合室の壁を見上げていた。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n4311cf/

     

    [感想] わかめの方がインパクトあったりして
    初めましてこんにちは。
    確かに、不老不死は人類の永遠(?)の夢とよく謳われます。しかしながら、「ぱぁん」から発想するにあたり、展開が予想できちゃったのが私の残念な所だった…口惜しいっ。
    もしそれが無ければ楽しみはとことんと膨らんだかもしれません。黒い話は好きな方なので(苦笑)。
    付け加えて申し訳ございませんが、後書きを読んで納得した所も。もともと短い話だったのを長くした話。
    そのせいで後半、説明的な所が冗長気味に感じたかなと思いました。わかめは大笑いしました(笑)。
    発想自体はいいと思います。別の話で読みたいなとも思いました。
    楽しませて頂きましたー ではでは。

     

    お茶龍 様
    感想、ありがとうございます。
    そう、乾燥ワカメに熱湯ぶっかける勢いで書きました(笑)
    200字小説の骨格に、ぐにぐにぐにーっと肉を押しこみ、深く考えずにちゃちゃっと形成して1丁上がり! 的なノリで。
    「ぱぁん」のタイトルから展開が予想できたそうですが、さもありなんです。思考や好みの傾向が似ているとワリとあることですよね。きっと

    ヾ( ̄∀ ̄*)λ( ̄∀ ̄*)/ ナカーマ!

    ということなのでしょう(笑)


    「きっと人間がぶわあぁぁ〜っと、内臓が破裂するんだよ」

    ・・みたいな。


     

     *

     

    23●[267] 辺緒ちいえ「サイレント・フィクション 黙音のDADA」
    あらすじ:
    辺緒ちいえが(サイレント・フィクション=黙音の物語)を題材に描くショートショート仕立ての正統派SFです。(言い切らせていただきます。)
    yourSF投稿作品その,任后その△發泙拭⊆由な感じになってますので、そちらもどうぞお楽しみに。
    貴方の傍にある、要らないけど消せなくて、よく考えると要るかもしれないもの。
    無いけど意味が有るもの。有るけど意味が無いもの。
    貴方の中に本当に小さくて、誰も気づかないような波紋が出来ますように。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n4654cf/

     

    [感想]
    初めましてこんにちは。
    最初ホラーなのか? と思いましたが違ってSFでしたね。凝ったあたり面白く読ませて頂きました。
    単に、黙音の所が何言ってんだろうと気になりますなぁ。ははは!
    では、失礼しましたー。
     

     *


    24●[260] 池田瑛「Sakura Flavor」
    あらすじ:
    アフリカから来た留学生の歓迎会の余興で『さくら さくら』を研究室のメンバーで歌った。そんなとある大学の、夏休み前の研究室での1コマ。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n2834cf/

     
    [感想]
    初めましてこんにちは。
    あるある、こういう学生のダラダラ感。それがよく表現されてるなと思いました。
    以前、知人と「今どきの若者って、分からなければすぐ検索ぅ♪なんだってねー」とか喋っていたのを思い出しました。スマホ片手に、いじってる姿も。
    最後は散りましたが、桜というキーワードから連想されるもの。自分だったらどうだろな〜と考えて。
    遠山の金さん……いえ、何でもないです。
    さて、緩い1コマ、楽しかったです。
     

     *
     

    25●[261] 白珈琲&黒野零一「あの時見たもののこと」
    あらすじ:
    この話を同じ部活の子から聞いた。
    「さて、これから僕があの奇妙な物体とであったときの話をしましょう。…」
    少し不思議だと思った。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n4605cf/

     

    [感想]
    初めましてこんにちは。
    本当だったらしてはならない暗黙のタブー「○オチ」を、堂々とやってのける。感服です。
    しかし最後、この何とも言えない感が素晴らしいと思います。うん不思議。
    ひと言で言えば、「ぬるい」です。でもそれが好きという人もいるはず。
    奇妙な話で楽しかったです。では。
     

     *
     

    26●[291] 【辛口NG】ぱらさ「夏の夕立」
    あらすじ:
    銀行のカードを使ってお金を勝手に使ったと疑われた恐妻家の夫。
    妻は夫の言い訳に聞く耳を持たない。
    何より、5年前にカードも通帳も取り上げられ、口座のお金を使う術すら知らない夫。
    夕立が近づく中、少しずつ朧気な核心に近づいていく。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n4929cf/


    [感想]
    ※ネタばれ注意。

    初めまして、こんにちは〜
    なるほど、狙いがそちらで。ジャンルが文学。SFという言葉に縛られていては本作を読んだ後に「ううむ」と唸ってしまう所でした。
    旦那の心境と、背景描写が丁寧に表現されていたので読みやすかったです。
    謎だわ〜(笑) 旦那のしてやったり、いや、これからしてやるぞという顔が想像できて楽しい。
    素敵な時間でした。では〜
     

     *
     

    27●[235] 檀敬「[ショ'ーリィ・ファ'ヴド]」
    あらすじ:
    二カ月前に僕の部署へ魅力的な女性派遣社員が配属された。しかし、彼女にはダーティな噂が纏わり付いていた。彼女に近寄らないようにしていた僕だったが、気付いたら彼女に魅了されて虜になっていた。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n4294cf/

     
    [感想]
    こんにちは〜
    おー。ちゃんと最後にオチてて面白かったです。横道に反れず素直なSFだと思いました。
    ホラーとして見てもいいし、深く考えず軽い気持ちで読んでみてもいい。反対に、最後の後で「一体この女は……」とうやむやにしてしまっても可。
    登録という日常のお手軽さが時にホラーに。加減が、ええ塩梅です。
    それでは楽しい時間でした。
     

     *
     

    28●[336] 【辛口NG】三編めれ「ノエシスとレイニー」
    あらすじ:
    滅びた世界の沈む海の上空に残された、小さな箱庭で、絡繰りと人間はようやく終わりを受け入れる。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n5324cf/

     
    [感想] 続きは…無い
    こんにちは初めまして。
    華やかで夢と希望に溢れている世界観とは全く逆の、収縮してく世界観。
    ノエシスとレイニーのやり取りだけで、しんみりと伝わってきます。後半から終いまでの経過あたりが絶妙でした。
    この世界観を壊さず、溜息を漏らしながら読了。
    素敵な時間を頂きました。いい味わい。
    ではでは〜

     

    ・お茶龍様
    初めて頂いた感想で、嬉しくて飛び上がって喜んでいました。本当にありがとうございます。「収縮していく」という表現が、私自身この物語で表現したイメージにとてもぴったりで、頭の中の靄が晴れたような心地がしました。ありがとうございました。
     



     *

     

    29●[306] 池田瑛「視点の、複雑さ」
    あらすじ:
    「私のSFコンテスト」参加作品第2作目。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n5047cf/

     

    [感想]
    こんにちは、2作目拝読。
    面白いですね、この比較構造。タイトルはSF合わせなのかなと ちと強引にも思われたんですが、サブタイトルの方は、ああそう言えばそうだな(SFだな)と納得していたり。
    ただの情事を細かく見ていけばこうなるんだと単に楽しんでいた感じです。最後にも伏線効いてて、まとまっていてよかったと思います。
    先の方が仰っている様に、視点はいいのですが、掌編で収まってるのが惜しいかなと。
    反対に、掌編だからこそ、このくらいでいいのかもしれません(そういう判別のつかない作品は世の中に腐るほどありますが)。
    でも先に申した通り、単に比較が面白いなと思った次第です。
    ではでは、楽しい時間でした。
     

     *
     

    30●[389] 百(難しい童話)「宇宙人がいる社会」
    あらすじ:
    宇宙人対策委員会がある僕の町。ある時、その委員長が不正をやった。しかもそれを責められて「宇宙人なんかいる訳ない」と言ってしまったものだから、それから、宇宙人の存在が疑われ始めて… 一人称で書いたソシオドラマです。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n5834cf/

     
    [感想] 多いよなぁ不正も、とか思い出しつつ
    こんにちは、感想です。
    実際にあってもいいんだけどなぁ、国家レベルの宇宙人対策の組織。
    始めに申し上げれば、似非科学の話は、大好きです。信じる信じないに関わらず。

    作品を読ませて頂きながら、考えていた事……
    人間って面白い。改変とか改革とか言いながら、結局は古い人間がやってきた事と同じ事をしている。
    実は話を聞かない子どもが成長したらこんな感じかっていう皮肉。
    大きく視野を広げれば「宇宙人」は地球人を内包する。
    …とまぁ、派生してアレコレ考えてたんですけど。難しいですかね(苦笑)。やめておきます。

    思弁のSFも久しいなと思いながら興味深く読ませて頂きました。
    セルフリッジさんこそ宇宙人じゃないのとニヤニヤしながら。誰が宇宙人でもいいんですが。
    テレビとかで観た、世間であった不正発覚時の言い訳のさまが思い出されるのが、失礼かもしれませんけどちょい笑いでした。

    ではでは 失礼

     

     >お茶龍さん
     作中に書いた疑似科学と科学の線引きの説明は、「反証主義」と呼ばれる科学の考え方をベースにしたもので、
     科学思想や科学哲学の本を何冊か読めば、出て来ると思います。
     (「現代科学論 著者:井山弘幸 金森修」に確か出ていたはず。すいません、記憶曖昧)
     なので、一般教養として理解してもらっても大丈夫だと思います。
     ただ、作中でも述べた通り、完全な線引きではないので、注意してください。



     

     * * *



    17番目の噛み付き熊さんのところで(のついてるところ)書いていますが、
    皆さん、SFを書く時の動機は何でしょうか。好きだから、でしょうか・・
    私の場合、書いた通り、書き上げて結果的にSFとする事の方が多いと思います。SFを書こう、としても思い浮かべられない。
    これって、どうなんだろうなぁー・・

    と、ぼやきながら。

    <掌編2>へ続きます。



     

    スポンサーサイト

    • 2015.01.11 Sunday
    • 03:48
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM