スポンサーサイト

  • 2015.01.11 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    掌編読んだ<感想まとめ2>

    • 2014.09.13 Saturday
    • 15:35



    掌編読んだ<感想まとめ2>2014.9.13.作成

    <1>見方の説明

    読んだ作品を読んだ順に並べてます(だいたい投稿された順かもしれませんね)。
    小説の感想人名は、「お茶龍」です。
    感想掲示板で感想を書いています。これはそのコピペ。そして追加で、ひと言、ふた言・・
    リンクURL先を貼っておきますので、興味あればそこから。

    あくまでも個人の感覚や主観です。
    "辛口注意"等は書いてませんので、ご了承を。ネタばれを含む時があります。
    リンク先で小説が削除されていたり、作家さんが退会なさっている場合があります。
    それらについてのクレームは受け付けませんので、悪しからず。
    いつ如何なる時も自己責任でお願いします。

    では、行ってみよう。
    読んだ順の番号を頭に、
    [ ]の番号は、感想掲示板の表題に付けられていた番号です。書込みナンバー。
    作者名「作品タイトル」
    あらすじ:
    小説のURL(PC版)、作者返信
    、となります。


     * * *

     

    31●[416] つっちー「サイハテ」
    あらすじ:
    ロケットにのって地球から離れゆくあなたへ、私は一方通行にメールを送る。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n6536cf/

     
    [感想]
    初めましてこんにちは。
    最後のFromで、「わぉ」と反応してしまいました。なるほど、そう来たか…
    スケールの大きい様な狭い様な。「不思議」なんですね。
    最初に流し目で雰囲気を壊さずに読んでいたのですが、ケータイに気がつかなかったら不味かった。首を傾げていたのかも。
    しかしまぁ、珍しくも(というか、久しい)二人称。そのおかげもあって、だいぶ優しい印象を持った感じです。
    温かい気持ちになりました。それでは〜
     

     *


    32●[421] 犬墓久司「浜辺」
    あらすじ:
    ある夜俺の目の前に突然浜辺が現れた。この奇妙な現象に好奇心を抱いた俺は探索に乗り出す。そして俺は思わぬ事態に巻き込まれてしまうのだ。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n6711cf/

     
    [感想]
    ※ネタばれ注意。

    初めましてこんにちは。
    お気の毒に。誰からも同情されなかったのは何でだろ、と真面目に考えてしまいましたが…
    いっそ海で遊んでしまえよ、と言いたくなりました。
    軽い緩いSFでした。ではでは


     *
     

    33●[470] 高山直「ある推理作家の逆襲」
    あらすじ:
    超能力が当たり前に存在する2XXX年。生涯を推理小説に捧げた男のとった行動は――
    URL:http://ncode.syosetu.com/n7482cf/
     

    [感想]
    初めまして、こんにちは。
    ある意味ハッチャケタ内容でした(笑)。笑っていいのかは知れませんが。
    まぁ、私もまだ紙の上にペンとか設定とかの人間ですけども。ワープロじゃない。便利とか楽とか覚えてしまったなら、もう戻れないなーとか思う人間です。
    はじめにコメディ要素がない、と書かれてましたが、では、ニヤニヤ笑いが止まらない読了後の私は何でしょう。
    確かに爽やかでもないけれど。あがいた結果がそれかよと。
    面白うございました。ではでは〜
     

     *


    34●[390] 鳥野新「サヨナラはいつもの場所で」
    あらすじ:
    僕たちの広場は上級生によって奪われた。その日から僕らの戦いが始まった。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n5680cf/


    [感想] サヨナラじゃない
    こんにちは、どうもです。
    うあー、やめてくれ(笑)と読了後。一体何なんだその感想と申しましたらば、情に脆い自分がありありと出たというか。
    前編→後編へいくと「あれ?」ってなったのが科学の部分。なるほどそういう展開かと思いました。それだけで済んだなら、普通のSF…として読ませて頂いていたんですけども。
    あまり背景的な説明が無い分で、ただ純粋にシマの取り合いを童心に返って読みつつ、尚且つ大人の目線で状況をみる。
    この融合具合が自分とマッチしすぎました。だから、やめてって(笑)。泣けてまう。
    しんみりとした終わり、でも明るい終わりを残して。絶妙でした。ではでは。
     

    お茶龍さんへ
    小さい頃はランドセルをほおりだして、近所の空き地で皆で遊ぶのが好きでした。中でも仲間同士で陣地の取り合いをするのが大好きで……。もう遊べないあの遊びを子供のころに帰ってやってみたいと思ったのが今回の話を書くきっかけになりました。共感していただきうれしいです。ご感想ありがとうございました。
     


     *
     

    35●[503] 泣言「シンデレラ・ファイト 外伝」
    あらすじ:
    響き渡る雄叫び、集められた猛者達、用意された戦いの舞台。その傍らで咲く、小さな物語。
    そこは童話の世界。年に一度、主人公を決める武闘会が開かれていた。シンデレラの前に立ちはだかる、数々のライバル達。今回は、彼らにスポットを当てた番外編。
    ※本編シンデレラ・ファイトはこちら。http://ncode.syosetu.com/n3509cf/
    URL:http://ncode.syosetu.com/n8869cf/
     

    [感想] 外伝だよ、外伝
    序盤から、白雪姫たちが京美人にでも見えたのは錯覚だったろうか……。きっと私の想像エラーですね!←
    白雪姫とかって職業なのかしら、とと。

    こんにちは、2作目です。
    1作目ほど勢いはなかったかなーと思いましたが外伝でしたね、外伝。なら、これくらいでいいのかな、と。
    皆、可愛いなぁ。抜け目のない王子も、控えめなラプさんも…
    そして、かぼちゃ。忘れないでーって感じでした。一番カワイイ(笑)
    楽しかったです。ではでは〜


    >お茶龍様
    たしかに二人とも黒髪で、京風ですね笑
    かぼちゃにはオチ要員として頑張ってもらっています。
    本編に引き続き、ありがとうございました。



     *
     

    36●[515] 深山飴之助「ある一家のサンタ」
    あらすじ:
    日本の四季は、一日でぐるりと一周する。ご近所の子供たちから「サンタさん」と呼ばれる老人。柳田重信、六十五歳。彼は春時間から、無料の相談所を開く。夏時間まで相談を受け付け、秋時間には夕飯をいただく。冬時間は、たまに孫とテレビゲーム。それが、彼の今の生活だ。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n9780cf/
     

    [感想]
    初めまして、こんにちは。
    2作目という事で、しかしながら初見でしたが、拝読しました。
    これまで軽いくだけた感じの企画作品を読んできたためか、「真面目な方だ…!」と逆に新鮮さを感じながらの読了でした。
    従来SFはともかく、サンタである事の意味、四季が一日で一巡する事の意味、を小説の創作として考えながら読んでいたのですが、モヤッとして終わってしまいましたね、ちぃと私の補完力が足りませんでした。
    でも、最後に「ああ良かったな」と安堵する様な内容だったので、温かくなりました。
    (今こちらを読んでいるのが夏だからって暑苦しいなんて言わないでorz言わないっ)
    ではでは、ほっこりとさせて頂きました。ありがとうございました。


     *


    37●[516] さがみの「因果応報」
    あらすじ:
    機械修理技師の「私」は、酔った勢いで立ち寄った占い師の言葉を境に、仕事が上手くいき始める。ある日、客に旧型の人型ロボットの処分を頼まれ、それを引き取った私は仕事の傍らで修理をし、自分の秘書にしたのだった。後日、その客から今度は大口の依頼を受け、私とその人型ロボットで仕事先へとむかったのだがーーー
    URL:http://ncode.syosetu.com/n9798cf/
     

    [感想]
    初めまして、こんにちは。
    最初の吹っ掛けで、さーラストでどう行ってくれるのかと期待しつつ、因果応報。なるほど、確かに相応しい、手厳しい内容になっております。
    しかし、ストンと胸中に収まってしまったものの、もう一捻りないか、というのが読者の欲望と書いてワガママでございました。
    やや硬質寄りで従来のSFっぽくて好みでした。
    よい時間を頂きましたー ではでは
     

     *


    38●[541] 諸林瓶彦「少し複雑な物語」
    あらすじ:
    砕け散った世界、その破片達の物語。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n0682cg/

     

    [感想] 広がれば少しではない?
    初めまして、こんにちは。
    さて思弁というのは非常に感想が書きにくいものでありますが、ファイト自分。
    おそらく世で答えのある事の方が少ないのでしょう。そんな事を読了で思いました。
    それ故に繰り返す…答えの無い問いを永遠に繰り返すのでしょうかに。
    さて、朝に拝読させて頂きましたが、刺激によい時間でした。
    ではではー

    お茶龍様。広がれば少しではないとのことですが、確かにこの作品のテーマを表現するには尺が短すぎました。


    思弁の感想って、何書けばいいんじゃろw いつも悩む・・
     

     *


    39●[554] 【辛口NG】おふとんと私「夏の終わり」
    あらすじ:
    短いので読んで頂ければうれしいです。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n0732cg/


    [感想]
    ※ネタばれ注意

    初めまして、こんにちは。
    イメージを抱きつつ、終わりとタイトルで言いながら、始まりの予感をさせてくれるようなラスト。
    青春の1コマなのかなぁと思い、の、読了でした。
    確かに映画の様に、イメージが大事ですね。地上の天の川〜
    うっとりとしながら。ではではよい時間でした。
     

     *
     

    40●[575] 犬墓久司「まれびと来たりて」
    あらすじ:
    郷村の警備隊長を務めている私のもとにある日奇妙な男が現れた。その男はある探し物を求めてこの村にやってきたという。
    いきがかり上私は彼の探索を手伝うことになった。果たしてそんなものがこの村にあるのか。半信半疑の私をよそに男は捜索を続ける。
    やがてある日男は告げる。見つけた、と……。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n2277cg/

     
    [感想]
    初めまして、こんにちは。
    しんみり…というよりも何だろう、といった感が先で、よく考えたら後からしんみり、でした。
    漢字のせいで故事の様で、どこかの民話みたいでした、タヌキとかは出てきませんけれども。なるほど未知との遭遇、でしょうかね。
    所々ですが読んでいくと突っ掛る箇所もあったので(2が二つあったのはミスでしょうか…)、少し移入しにくかったのがあるのですが、
    今頃あの人は…と楽しませて頂いておきますー ではでは
     

     *


    41●[571] 尚文産商堂「スペースフィッシング」
    あらすじ:
    2500年代になっても、人類は冥王星に行くことがやっとであった。それは、作るための資源が枯渇したということが最大の要因である。ならば、と目をつけたのは小惑星帯であった。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n1150cg/
     

    [感想] 掌編だった…
    こんにちは、拝読です。
    えーっと…続きは?(笑)と目がテンになったラスト。こりはアイディア一発勝負でしょうか、
    西暦2515年から始まり、おおー、これから壮大そうな物語が始まるぞとワクワクドキドキしながら読み進めていったのですが、最後でズッコケた。
    作家様の罠だったとしたら私ってorz
    鰆が食べたい、ではなくて活躍を見たいと思いました。ではではー


    >お茶龍さん
    はい、続きはありませんw
    と思っていましたが、現在書いてますので、そちらもよろしくお願いします。
    壮大な物語というのは、始まる前に終わっていることもあるのです。
    感想ありがとうございます。
     


    釣りでした、ってw
    正直な所がいいところ。なにげに賞とられました(笑)。遅咲きですやーん!
    ともかく、おめでとうございます。


     *


    42●[596] 青い鴉「ペンギンと定期券」
    あらすじ:
    バスの定期券で通学する僕はバカにされていた。そんなとき、僕は水族館でペンさんに出会う。すこし不思議な物語。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n2960cg/
     

    [感想]
    こんにちは、初めまして。
    絵本にでもできそうな、可愛くて、ラストが爽やかなお話でした。
    短いですが、充分に想像を掻き立てられました、青い空で、2人が並んで…うんにゃらかんにゃら。
    楽しませて頂きました。それでは
     

     *


    43●[599] モノクロック「Sの終わり/slice of finale」
    あらすじ:
    現実ってなんだ。メディアが伝える映像が現実なのだとすれば、今テレビに映る映像も、実なる物として受け容れなければならないのか?
    世界の終わりの片鱗を見た『僕』はある特殊能力を持っているが、それに彼自身が気付く事は無いだろう。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n3167cg/
     

    [感想] 垣間見た世界
    初めまして、こんにちは。
    無機質でハード寄りの世界観。あぁSFだなぁなんて(偏見か?)安堵したりしています。
    大きなどんでん返し、ではないですが、小さな返し、といった所でしょうか。結末が気になりました。
    相手がゴジラとかだったら私泣きますよ。まさかね…
    ではでは、よい時間でした。

    >お茶龍さん

    建造物やらネオンやらがひしめき合うサイバーパンクも好きですが、綺麗に区画整理された様な白い未来も好きです。

    レジェンダリー版ゴジラをみていなければこの作品はきっと無かったでしょう…(笑)もしゴ☆ラだとすれば、最後の爆撃は「おい、やめろ」となる所ですね。
    アイズと併せて、読了&感想ありがとうございました!


     

     *


    44●[611] 【辛口NG】飛鳥弥生「地球の平和を守る為」
    あらすじ:
    中年サラリーマン中迫{なかさこ}は、ある日の営業途中に奇妙なものと出会う。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n3398cg/
     

    [感想]
    はじめまして、こんにちは。
    くだらん、実にくだらんよ君! いやー、これは褒め言葉です。
    何といっても哀愁漂うサラリーの描写がよく伝わってきて涙が出てくる。頑張れと応援するより「仕方ないさ」と吹っ切れそうな。嘆かわしや。
    そして、決して衝撃ではなく静かに幕を閉じる。もう少し細部まで描写してほしかったのがありますが、お疲れさまという事でいいかなぁ。
    楽しい時間でした。ではではー
     

     *


    45●[597] EMu「私はマルゲリータピザが食べたい」
    あらすじ:
    人間の作り方はマルゲリータピザを作るのと同じくらいの難易度。人間に造られた機械生命体、シェイラの寓話。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n2602cg/
     

    [感想]
    こんにちは、初めまして。
    これは…! ホラーなのか。マルゲリータピザが食べれなくなりそう。想像すれば、気持ち悪いかもー
    無機質なだけに語り口が坦々としていて怖い。ちょっとちょっと、医者! と笑えない冗句が秀逸。希望が見えない恐怖、どこか壊れた世界観。お見事だぁあ!
    面白かったですー ではではー
     

     *


    46●[647] 【辛口NG】Veilchen「最後の王妃の最後の愛」
    あらすじ:
    革命で夫と王冠を失った王妃は森の奥に幽閉された。それから二十年、今も彼女に愛を乞う男がいる。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n4850cg/
     

    [感想] 彼女は自由になれたかな
    初めまして、こんにちは。
    思い出しやすいところで言えば仏国王ルイ16世の王妃とかを思い浮かべながら読了。
    例えば独白させると、この様な感じになるのでしょうか。面白く読ませて頂きました。
    悪評の多い上記の某王妃の名誉回復には、結局死後30年以上を要したとされますが、
    見方を変えれば、また、再評価する、という近年の世間的な動きを垣間見た様でした。
    英国の王室なんぞを報道なんかで拝見すると、果たして羨ましいかといえば、全員がそうではない。
    羨ましい人もいるでしょうが、そうでない人もいる。
    自由をどこまで許すのか。人間てのは不便でしょうがないなーとは持論ですけども、生まれてきちゃったもんはしょうがないなー、など(笑)。
     

    さて、作品から派生して色々と書きましたが、興味深かったです。
    ではではー
     


    >お茶龍 様
    高貴な方々のロマンスは、遠くから見るからこそ無責任に楽しめるのでしょうね。「王冠を賭けた恋」のエドワード8世が晩年は仮面夫婦だったとか知りたくなかった!
    貴賎・貧富を問わず人生とはままならなく難しいものですね。


     

     *


    47●[694] 樹朱「神の花占い」
    あらすじ:
    神の末席に名を連ねる、一人の神様の仕事は花占いだった?!そこから派生する、神々の気まぐれの行方は……。真面目で、少しふざけたお話。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n5791cg/
     

    [感想]
    はじめまして、こんにちは。
    何じゃこの神々の話。しかし掌編ならではと唸る見事な投げっぷり。
    (この先、○ンデレラがバトルファイターにでもなるのだろうか…とと、意味不なひとり言です)
    マーガレットに何か意味があるのかとか、ユウシャが後で颯爽と出てくるのかなとか、全てを裏切られた様で、
    ……笑いました。いい感触です。何だこのやろーwwでした。
    ではでは、楽しい時間でした。
     

     *
     

    48●[646] かめかめ「見上げるそこにあるもの」
    あらすじ:
    今が遠く過ぎ去った未来。医療用アンドロイドのナオトは一人の少年を拾う。義務感からその子を保護したアンドロイド。義務を嫌う少年。二人は地上へもどるため旅立つ。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n4835cg/
     

    [感想]
    ※ネタばれ注意

    はじめまして、こんにちは。
    まるでひと舞台劇を観てる様でした。溜息が漏れます。
    心情に訴えかけられる様な内容で、義務、義務と煩くまとわりついて離さない序盤から、優しさへの転換。
    非情に言うならただのエラーなんですけど、どう納得していったらいいのかを考えながら読んでいました。
    「地上」っていう言葉が効いています。
    物悲しい、余韻の残るよい時間でした。ではではー
     

     *
     

    49●[704] タチバナマユラ「完璧なロボット」
    あらすじ:
    ロボット工学の隠れた天才が、こっそりと仕組むアレ。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n6623cg/
     

    [感想]
    はじめまして、こんにちはです。
    お手本の様にまとまった、読み易いSFでした。すらすらと読了。
    隠れた天才はほくそ笑んでいるのか、上でニヤ笑いしてるのか、あぐらかいて寝てるのか(何故いいイメージを持たない私 笑)、
    いやいや黒くない黒くない。読了は清々しいものでした。
    ではでは、楽しかったです。
     

     *


    50●[717] あずき犬「熊蝉」
    あらすじ:
    今の自分から生まれ変わりたい人、今苦境に立つ人への応援歌。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n6894cg/
     

    [感想] 蝉の傍ら
    はじめまして、こんにちは。
    蝉の一生、人の一生。人間から見たあまりにも短い一生は、ふと、自身の身を案じたりする事があります。
    そして抱えてきたものを大事にする。尊ぶ。受け継ぐ。
    そんな人間の一生。纏まって落ち着いてしまいましたが、今これからの人への応援歌、しかと受けとめました。
    よい時間でした。ではー

    ≫お茶龍さま

     応援歌、受け止めて下さりありがとうございました。蝉の短い一生、でもそれは、人間の視点から見た場合なんですよね。彼等にすれば、やっぱり土の中で精一杯生きたのだと思います。だから、例え今、辛く苦しい状況にある人も、そこから抜け出すかどうか、その状況を受け止める事ができるかどうかは自分次第なのだと思います。
     感想投稿時間、午前4時…… ありがとうございました。
     


    午前4時も当たりまえになってしまった(汗) よい子は真似したらいかんぞ!



     * * *
     

    掌編っていうのも、掌編ならではの書き方がある。
    ストーリーの基本は起承転結だけど、それに即さない書き方もある。結がなく放りっぱなし、投げともいう。転が無い。もともと長編だった話の序章ぽいもの。ただ書きました。などなど・・
    個性がみえる。
    きちんとまとめるのも大事だけど、それより、作家の訴えかけるものが何か、見つけ出したいものだな。
    文章などの表向きは装飾、技術だ。それに捉われ過ぎず、中身で勝負。表現してほしい。


    続きがあるので、そちらから


    JUGEMテーマ:読書


     * * *
     

    51●[698] 【辛口NG】丸虫52「奇跡の痕」
    あらすじ:
    恋人と親友に裏切られて死を選んだ主人公。それを阻んだのは意外なもので……。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n6102cg/
     

    [感想]
    こんにちは、はじめまして。
    どうしても助けたかったのかな… しんみりと、ラストでほろ苦い何かを咀嚼した様に思いました。
    あらすじに振り返り、ああそうだな、確かにしんみり(苦笑)。でも微かに、ですが心温まるお話でした。
    ではでは、よい時間でしたー
     

     *


    52●[699] 【辛口NG】流堂志良「かの国のアンドロイド事情」
    あらすじ:
    男はある情報を手に入れるために日本にやってきた。しかし、男は交渉相手に煙に巻かれこの国のアンドロイドを見学する事になってしまう。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n6126cg/
     

    [感想] 考える考える
    初めまして、こんにちは。
    うーむ、ここで終わりか… と、唸りながら読了。読み返してみたのですが、消化できず。
    いえいえ、つまらなかったわけではありません。この抜け目の無さそーな男が、余裕をかましながら説明していくくだり。
    アンドロイドを全廃させられない理由を読んでいくうちに、色々と考えさせられました。共存と対立についてです。
    結局宇宙人は何考えてたのかなーとか、それも交えつつ。
    興味深く読ませて頂きました。ではではー
     

    >お茶籠さん
    色々考えてくださってありがとうございます。
    アンドロイドがこれから先共存するのか、対立するのか。
    もうちょっと深く突っ込んで書けばよかったかなぁと思います。
     


     *


    53●[700] 夢育美「あなたの死を望みます」
    あらすじ:
    欲しかったのは、白い花の咲く可愛い球根。でも彼にもらった球根は頼んだ物と違っていた。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n6303cg/

     
    [感想]
    初めまして、こんにちは。
    ままままさかの急展開。急すぎるだろ! と笑うしかありませんでした。何で麻酔銃って知ってるの!? 何何!? 何が起きてるんだー、とと。サプライズとしては、飛び抜けておりました。だまされたな。
    タイトルからしてどういう意味なのかとか、内容はホラーなのかなと思っていたのですが。だからこそ、この展開に大いに反応できたと言えましょう。
    わずか2,000文字ちょいで短くも充分楽しめました。花言葉、知らなかったなぁ。気をつけないと、怖い怖い…
    ではではー
     

     *


    54●[689] ささかま。「サリアとフィニアンの話」
    あらすじ:
    さて、昔々あるところに、サリアという不良品のアンドロイドがおりました。サリアが不幸な案山子として畑を守っていると、浮浪者のような見た目の男が通りすがりました。――咲いた綺麗な花からは、とても不思議な香りがしていました。(本作品は、本文中の一文一文がSFになっています。詳しくは、本作の後書き部分参照ください。)
    URL:http://ncode.syosetu.com/n4795cg/
     

    [感想] おいしい二度づけSF
    こんにちは、拝読しました。
    おー、凝ったSF。あらすじだけを読んで本文に入りましたが、読了後にSF一文についての意味が分かりました。なるほど、はじめに違和感の様なものを感じ取って読んでいたのですが、それのせいかもしれませんね。最後の方になるにつれ、文章に調子が出てきたのかテンポがいいのか、それは解消されていました。
    けれど読みにくかった、という事ではありません。全体的には非常に読みやすく、物語には全く支障はございませんでした。最後、「めでたいかな?(苦笑)」とツッコんで了。
    サリアの事を思うと、すごく感傷的になって自分の方がエラーを起こすんでまいかと思いますが(起こしている)、この先、単に幸せになってくれる事を望みます。
    何なら、フィニアンと一緒にはなれんのかっと、ホラ、エラー起こしてる私←
    童話調だからこそ淡々と語られ、心について考えさせられる、よい時間でした。
     

    話をちょいと戻して再びですが、案外「SF」の言葉って豊富にありますよね。企画でなければこれだけ考える機会もなかったろうと思いますが、
    考える度に出てくる出てくるので、反対にどれを使うか、とか悩むほどです(それを利用して話を書こうなどとは、ヤラレタ! って気がします笑)。
    ではでは、作家様の遊び(と、私はこう呼びます)の部分と本編、美味しく頂きました。ごちそうさまでした。

    【お茶龍さん】
    >最後の方になるにつれ、文章に調子が出てきたのかテンポがいいのか、それは解消されていました。

    最初は完全に手探りでしたので、執筆テンポも実はすごく悪かったんです。けれど、後半になるにつれて(執筆時間帯が深夜だったということもあり)テンションが急激に上がってきたので、それが文章にも現れたのかもしれないです。

    >何なら、フィニアンと一緒にはなれんのかっと、ホラ、エラー起こしてる私←

    フィニアンとしてはちょっとそれを望んでいた節はあります。が、あえてそこは一緒にしませんでした。フィニアンと一緒になるという幸せもあったでしょうが、サリアには自分の道を歩いてほしいと思いました。その道の先でフィニアンと一緒になるかどうかはまた別のお話ということで。

    >ではでは、作家様の遊び(と、私はこう呼びます)の部分と本編、美味しく頂きました。

    遊びというのはすごく的確な表現だと思います。「(企画概要を見て)SFはサイエンスフィクションとは限らないのか。それならいっそ全部まるっとSFにしてやれ!」と完全に遊びました。楽しかったです笑。


     

     *
     

    55●[692] ohrumm「『21:39』『叫び』」
    あらすじ:
    『あなたのSFコンテスト』投稿作品。文体は意図したものです。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n5176cg/
     

    [感想]
    こんにちは、2作目の拝読となります。
    さて思弁。1作目でも同感ですが、感想の書きにくい壁に当たりました、ファイトだ自分。
    読んでいる分には、故意の文体とはいえ、不思議とこの癖に馴染んでいくのが不思議です。
    考えたのが、人を好きになること。もしくは、好き、とは何か。
    結局は読了でもカオスなんですが、それはそうとて、いい刺激になって大変に興味はあります。
    人間の脳とは今でも不明だらけでそれを専門でもない一介の人間(自分を指してますが)が考えたところで気軽に分かるものかという皮肉。
    それもあるんですが、考えてしまう脳みそ。考えなくたっていいのに、ねぇ? と溜息です。
    ちなみに、めんつゆのキムタクはいい出だしだと思いました。どうよそれ、とと。
    一般には、表現という意味も含めてとっつきにくい、読者を選ぶ内容かもしれませんが、私には面白かったです(芸術好きなので)。
    (ギリギリ思弁、なんだろうか? そこ触れない)
    ではではー
     

     *
     

    56●[756] 廊下に硬貨「修羅場風情」
    あらすじ:
    わたしは大学の食堂内で、別れ話の修羅場に巻き込まれる。女性にガンガンと責め立てられていたそのイケメンと、わたしは付き合う事になるのだけれど……。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n7174cg/
     

    [感想]
    初めまして、こんにちは。
    ええと……どうしましょ(笑)。ドタバタラブコメ、でしょうけれども。読了で狼狽(うろた)えている自分、ここにありです。
    細かく言うと文章で読み辛い所もチラチラと気にはなるのですが、言葉遊びみたいで楽しく、結局この子(主人公)ったらひとり暴走なの!? と笑いました。
    この壊れ(?)かけた様な世界観、面白かったです。ではではー
     

     *


    57●[766] 結城陸空「SIGNAL_FUTURE」
    あらすじ:
    高校生の夏。僕ははじめて無線通信機器を使った。
    URL:
    http://ncode.syosetu.com/n7567cg/
    ※この小説は、削除されました。
     

    [感想]
    ※ネタばれ注意

    こんにちは、感想を…。
    物語が始まったかと思いきや、期待を大裏切るくらいの説明箇所に突入。作家さまの意図を探して、正直なとこ、暗中模索でした。周波数から始まり、「電波」の性質、通信のメカニズム、GPSの原理と「あの」理論、等々…と、説明の方が広がっていきますね。その箇所をくぐり抜けれるかどうかは、それぞれに。でも、一番の難題は、後悔しない生き方を選択できるのかというシンプルなものです。
    最後は収束された感で苦笑いでしたが、運命の人、誰なんでしょうね。気になります。
    ではでは、頭がモヤッとしちゃいましたけど、これにて失礼をば。
     

     *


    58●[827] 友家市都「Sought and Found」
    あらすじ:
    探し求めていったひとたち。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n8417cg/
     

    [感想]
    ※ネタばれ注意

    初めまして、こんにちは。
    一文、一文を大事に読ませて頂きました。説明は極少なくイメージ先行で、タイトルにある様に探し求めながら。
    (まぁ、個人的な理由でseekに反応しちゃったとかがあるのですが…関係ないですね、すみません)
    果たして冒頭から、ここは何処なんだろうなと推理していたのですけど、最後で「あ、そうか」と光明が。
    なので、二度読みです。分かると、なるほど、と。
    そんな経緯でございましたが、はじめ読んでいるうちは、辺りはブリザード、彼らの真剣な気持ち、何か分からないけど沈黙に近い殺伐した様に感じとられたのですが、文章と文章の行間でさらに一層加速しつつ、温かみのあるラスト。
    …でも、ここで終わり? という物足りなさが残りました。本当は続きがあったのかなーとも。
    2人の関係はこの先があったら思わず笑みがこぼれます。いいですね。
    ではでは、楽しませて頂きました。
     

     *


    59●[803] 山本ハッチ「捻くれ者サーヴァント」
    あらすじ:
    ひねくれ者が主人公のSF批判から始まる物語
    URL:http://ncode.syosetu.com/n7772cg/
     

    [感想]
    初めまして、こんにちは。
    うわー、面白い。痛い話が苦手な方はごめんなさい。
    痛い話と言うと誤認かな、逆発想。反発心。負の連続。こう極端に書かれると、実に清々しいものです。
    序盤からそうでしたが、徐々に話が……。最後に、あ、巧い。と思いました、それと同時に微笑みが。何ていうか、可愛らしい……。
    とても楽しませて頂きました、ではー
     

     *


    60●[818] 【辛口NG】夜澄兎柚「西南の主」
    あらすじ:
    幼い頃に出会った男性は居場所を与えてくれた。家を出て出会った女性は笑顔を教えてくれた。そこで出会った少女は幸せと家族と共に歩こうと言ってくれた。
    幸せが欲しいことに気づかない月忌が両親に捨てられ、訪れた場所には幸せがあった。暖かさに触れた月忌が見た、西南の主とは。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n8331cg/
     

    [感想]
    初めまして、こんにちは。
    本筋と関係ない所で、16年前に起こった大量毒殺事件が気になります(苦笑)。何があったんだーい、って…
    真っ黒ではなくて良かったです。
    ではでは
     

     *
     

    61●[796] 森都いずみ「醜い私の子」
    あらすじ:
    産まれてきた我が子を見て驚いていた。こんなに醜い子、見たことない。
    ショックを受ける母親の心境から。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n7661cg/

     
    [感想] 怪しさから一変
    こんにちは、失礼します。
    か、かわいそう。笑っちゃいけないけど、無言で読了です。
    序盤から怪しい空気が漂っていたのですが、こういうノリの話はいいですね〜、楽しませて頂きました。
    ではー

    お茶龍さん
    最初は1000字にしかならなくて考え込み、部長と佐藤の関係を書いてみました。2000字制限がなければもっとシンプルなあまり面白味のない話になっていたかもしれません。おとぼけ部長とツイていない佐藤の存在はなかったと思います。
    感想をどうもありがとうございました。
     


     *
     

    62●[824] マシュマロ「星空の奇跡」
    あらすじ:
    小さいころ少年が持った小さな探究心はやがて、奇跡を生んだ
    URL:http://ncode.syosetu.com/n8411cg/
     

    [感想]
    こんにちは、星と少年のお話、綺麗でした。
    読みながら思い出されたのが、初めて星というものの存在を知った時の事です。
    自分は目が生まれた頃から悪かったために、初めて眼鏡を買ってもらって星を知ったのが、小学6年生くらいでした。
    あの時の衝撃や感動は何十年経った今でも忘れられません。思い出しちゃいましたね。
    この少年が説明的でなく主人公となって活躍するドラマだったなら、もっと感動できたかもしれませんが…
    ではでは、良い時間でしたー
     

     *
     

    63●[808] 文月一句「手紙」
    あらすじ:
    ある手紙から数年後。人類は、宇宙最大の殺戮者に成り果てていた。
    2000文字Si-Fi
    URL:http://ncode.syosetu.com/n8302cg/
     

    [感想] 段々と怖いって(汗) 
    初めまして、こんにちは。
    怖いです。坦々と語られるから更に、読んでて堪らないこの切迫感…
    手紙、という言葉が、いつまでも後を引いています。確かに、バトルの場面があった方が尚いっそう盛り上がる事は確実でしたでしょう、同じく悔やまれます。
    ハラハラとさせて頂きました。ではー

    >お茶竜さん
    怖いと感じて下さってうれしいです。
    バトルシーンが入って、他にもいろいろ入れて……最終的には、3万から4万字程度の作品になる程度の設定は考えてたのですが、全然書けませんでしたw
    違う機会に書けたらいいですね(他人事か)

     *


    64●[801] 堆烏「そのココロを溶かすユキ」
    あらすじ:
    とある昔の山奥での。村人から忌み嫌われた少年とその少年の親友、隼人。少年には村から出ていかねばならない理由があった・・・・そして、山で独りで暮らす少年が出会った一人の少女は、熊にかぶりつく腹ペコ少女だった。少年と少女の語られる物語。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n8211cg/
     

    [感想] 可愛いんですけど何くわぁああ
    こんにちは、失礼いたします。
    ちょうどリアルに熊肉が報道で流れていたので、わぁ偶然と驚いています。
    過酷な状況の中に消え入る様な灯火の様な…と、盛り上げて最後。なんて可愛いの、はんにゃーと読了です。
    いいツボを押された気分でした。よい時間でしたー

    お茶龍様へ

    はんにゃー、というお茶龍さんの言葉の方が可愛いです!


    芸人と間違えそうだ!(爆)
     

     *
     

    65●[819] 檀敬「もう一つのクォンタム・土星に魅惑された恋人たち」
    あらすじ:
    土星の宇宙施設で働くことになった男と女の恣意的な恋噺。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n8333cg/
     

    [感想]
    失礼いたします、こんにちは。
    笑い、とは言ってもほのぼのとした、和やかなラブコメ。丁度いいさじ加減を知っておられる様で、安心して読めます。
    背景が、しっかりとSF。これも安心安心。でもこの曲者の女性生活担当官さん、分かり易すぎるわ!!(笑)
    未来が明るいー
    ではでは、楽しませて頂きました。
     

     *


    66●[759] タチバナマユラ「狐の駅」
    あらすじ:
    貯金を全部つっこんで、軌道エレベータに乗って夢の宇宙へ。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n7309cg/
     

    [感想]
    面白い。こんにちは、2作目を読了しました。
    なるほどそう来たかと唸らせるお話でした。上手く狐の性質を使ったというか。
    読み易い文章に乗っかって、するすると流れる様に読了。夢のあとさき。
    ただ哀しいかな…遠い目で。ひゅるりりり、と効果音がぴったりです。
    ではでは、良い時間でしたー
     

     *
     

    67●[791] たびー「フルサトRadio」
    あらすじ:
    地震と発電所の事故の影響で閉鎖されてしまった地区に流れるラジオと、主人の帰りを待つロボットのお話です。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n7843cg/
     

    [感想] 涙 必須
    涙が… こんにちは、初めまして。
    既出の感想通り、涙が。これだけ感動を与える作品に出会えた事に感謝します。
    文章もとより表現の部類。空間を意識した手法です。見事です。
    もう語る事もありますまい。読んでみれ。感動を、ありがとうございました。


    お茶龍さま
    お褒めいただき、恐縮至極です。学生時代に科学実験レポートをたくさん書いた成果でしょうか。お読みいただき、ありがとうございました。


     

     *
     

    68●[826] せせせ「ショート・フィルム」
    あらすじ:
    あなたのSFコンテスト投稿作品!
    URL:http://ncode.syosetu.com/n8415cg/
     

    [感想]
    掌編っぽい。こんにちは、初めまして。
    冒頭からイメージで描いていたのは、まさに映画でした。きっとこの調子で続いていくのだろうな、と主人公の目線で一緒になって、主人公は自転車に乗って、追いかけて行きました。
    変わった事のない日常で、ふっと思いに耽る事がある。誰でもそう。
    フィルムを切り取った断片的な、素敵なお話でした。
     

     *


    69●[820] ジョニエル・ジョニソン「コジラセインテリジェンス」
    あらすじ:
    人口知能の発達したアンドロイドとお婆さんの心温まるストーリー
    URL:http://ncode.syosetu.com/n8358cg/
     

    [感想]
    初めまして、こんにちは。
    中盤や読了で、目がテンになりましたが……恐らく、中盤のここで「-ゲーム、スタート-」などと、挿入したいぐらいの衝動に駆られました(笑)。
    どうしたもんでしょー
    確かに、熱くなりました。はい。何故か、自分の顔がニヤニヤしている。
    楽しませて頂きました。それではー
     

     *


    70●[825] 風梨凛「金と銀の瞳」
    あらすじ:
    2020年。人間は核戦争により死滅した。だが、一人の少女が一匹の猫に願いを託していたのだ。金と銀の瞳。その瞳でいつか、綺麗な地球をもう1度、見てと。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n8414cg/
     

    [感想] 世界観は好みだった
    初めまして、こんにちは。
    核によって、壊滅された世界。そこに純真無垢な少年少女。
    この世界に生というものが感じられず、それでも尚生き残っているであろう生物や意識。
    このあたりはSFぽくて、短いお話の中にどういった展開が待っているのだろうとドキドキと胸高鳴りました。
    硬質に語られる中で少年少女の意識に、微笑みを浮かべつつ…
    残酷で無かった事に安堵して読了です。
     

    しかし何であろう、安心はしたけれど、妙にスッキリとしない何かが残りました。
    既にここで他からご指摘されている点なのか、短い割に要素を詰め込み過ぎたとか、どうなのかなーと。
    モヤッとしてしまったのが心残りでした。
    でも、この世界観は好みです。長く話を書こうと思ったら、もっと全体にバランスをとって装飾に凝った、肉付けをしたい所ですね。
    ではでは、よい時間でした。

    【お茶龍さまへ】
    よい時間を少しでもさしあげることができたでしょうか。
    不完全な出来栄えだったので、モヤモヤ感を与えてしまったことは大反省です。この世界観は好みだと言ってくださったのが嬉しかったです。
    『長く話を書こうと思ったら、もっと全体にバランスをとって装飾に凝った、肉付けを』
    感想だけでなく、とても的確なアドバイスまでいただけて、すごく参考になりました。ありがとうございました。


    返信に、自作のイラストを掲載しているみたいですが、

    エントリーしてほしかった。うん。
     

     *
     

    71●[790] 影山洋士「スーパーアルティメットマン」
    あらすじ:
    怪獣は突然現れた。しかしそれを倒す者も突然現れた。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n7792cg/
     

    [感想]
    突然VS突然。こんにちは、初めまして。
    幼い頃からのツッコミを、真面目に捉えたら。実験的な感でした。
    だってー、巨大化したら大変じゃないですか。そう思って観てませんでした? テレビ…
    なので、途中から「おいおいまさか」と笑いを噛みしめつつ読了。よくある善悪の両成敗、「悪い子なんだけど実はいいヤツ」「悪気はなくて、善い子」、
    風潮などを視野に入れつつシンプルに。落語小説ですね。昔によく言われました(苦笑)。
    ちなみに調べてたんですが、「喧嘩両成敗」=紛争当事者同士の「衡平感覚」を考慮しつつ、緊急に秩序回復を図るために社会が生み出した、ある種究極の解決手段と言える、だそうです。

    究極ね…
    実験的なので考え事が感想で多そうですが、「そうだなぁ、こうなっちゃうよなぁ」と笑いました。
    大人しく終わっちゃったのが若干さびしいかな。それぐらいでした。
    面白かったです。ではではー
     

     *


    72●[800] URA「自動執筆機ウィラコチャ」
    あらすじ:
    ついに手に入れた、最高の執筆機械のご紹介。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n8183cg/
     

    [感想] ウィラコチャいいねー
    こんにちは、早く読みに来たかったのにすっかり出遅れた感がすごくしますが、失礼します。
    最後に笑いが。オチが読めたかどうかではなくて、機械のくせに人間みたいなウィラコチャが可愛いヤツだなーと思いまして。
    ただの愛玩でいいじゃないの? なんてね。
    機械の宣伝文句みたいに始まったから一体誰が語っているのだろうかと疑問に思っていたら、です。
    この話を長く引っ張っていくのも辛い。苦心もうかがえます。
    誤字かどうかは作家本人にしか分からない、っとと。駄文も個性になる、っと。
    それでは、楽しませて頂きました。


    駄文も個性、ええごもっとも。私は個性を削ってでも大衆向けに適応したいですがw
    前半を作者では無い機械の書いた文字と明言して頂いた最初の感想ですので嬉しかったです。


    わざと誤字にしたり本当に誤字だったり。
    駄文は駄文だから、ツッコまれても仕方ない。けれど、あって好きな人もいる(←ここに)。
    表現の世界だから、自由は尊重されるけれど(していい事と×の事の判別は勿論あって)、
    好きか嫌いか、受け入れられるか否か。
    結局は、そこなんだよね。


     *
     

    73●[792] 卯花ゆき「清水の池の、お主さま」
    あらすじ:
    清水池には片目の鮒がいる。清水池の主さま、それを知っているのはお梅だけ。幼い頃からのお梅の小さな秘密だった。しかし、ある時友人のお恵が主さまのもとを訪ねるところを目撃してしまう。彼女には何やら悩みがあるようで……。
    「ねえ主さま、お恵は何をお願いしにきたんです?」
    「私にも分からぬ。そうだお梅、ここはひとつ、真相を調べて参るのだ」
    「ええ?!」
    人使いの荒い鮒に不満を持ちつつ、調べに奔走するお梅。そして少女は驚くべき場面に遭遇することになる――
    URL:http://ncode.syosetu.com/n7887cg/
     

    [感想] てやんでえ
    初めまして、こんにちは。
    鮒とのラブだったらどうしようかと心配してましたが(まさか、ね)、それは無かったですね。安心しました。
    しみず、かなぁ? きよみず、かなぁ……? などと、「清水」で気になってるのは私ぐらいだろうなーと思って最後まで読んでみると、正解が後書きに書いてる。思わず小躍りしました。
    はぁスッキリ。そんな事がありましたが、お話の方は未消化な部分が所々あって、ちょっとスッキリとは、いかなかったかなという印象。
    この世界観も不完全かな、とも。なかなか江戸の話も書くのが難しい分野だなと思います。
    お主さまの活躍が、もっと見たくなりましたね。でも鮒だから、喋る事しかできないかな。だからおじいさんのイメージがあるけどね。
    このお主さまが何年生きてるのか、貫禄あるならそう肉付けしたらいい。もっと前に出てきてほしい。
    ではでは、お主さまって素敵。な、時間を頂きました。
     


    ★お茶龍
    鮒とのラブはさすがに書く勇気がありません(笑)
    清水池は一応最初にルビを振っておいたんですが、気付きにくかったでしょうか。場面転換した時にルビを振り直すことを考え付かず申し訳ありません。
    お主さまにもっと活躍の場を、というのは何度かご指摘いただいているので、せっかくのキャラを上手く使いこなせなかったなと反省しております。
    お主さまを素敵と仰っていただけてとても嬉しいです。ありがとうございました。

    >>追記
    お茶龍さんに敬称を付け忘れるという重大なミスを犯しました。大変申し訳ございません。修正をしようと思いましたが、やり方が分からなかったため、この場を借りての修正、謝罪となります。本当に申し訳ございませんでした!


    >>返信
    目に入ったので…

    気にしなくていいですよ〜
    初めてじゃないんで(笑)
    ではではすみません、ご丁寧にありがとうございました。


    SF企画で、返信飛ばされた事ある(笑)。
    どーしよーかと思ったけど、切り抜けたさ!
    いい思い出だった。うん。何でやろねw
    ルビは、見落としたかもしれんな。
     

     *


    74●[797] イライザ・ノースウェスト「快速ノスタルジア」
    あらすじ:
    「通勤」という仕組みが消えた未来。「通勤電車」は都民のアトラクションとなっていた。中でも、『運転手ダービー』制度を採り入れ、唯一人間が運転する総武線は、運転手の個性を生かした運行で人気を博している。三鷹・新宿・飯田橋・秋葉原・津田沼にしか止まらない“超快速”田中運転手のお話。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n8052cg/
     

    [感想]
    初めまして、こんにちは。
    2,066文字。なるほど、字数合わせのために、最後のひと段落あたりが蛇足の様に思えてしまったのでしょうか。
    皆さんがあらすじあらすじと書かれているから「やべ、あらすじ見てないや」と慌てて読んでみたものの、納得。速やかな修正を願います(苦笑)。
    そんなバックグラウンドは、目を瞑って……。
     

    鉄道がお好きなのでしょうか。主人公たちが背景になってるのではと思うくらい書かれていらっしゃるので。
    主人公たちの書込みが足りないとも言えますが、鉄道の方を主体に書いてもいいんじゃないかなと思います。どっちつかずにするのかどうか。
    あらすじを読んだ限りでは、人間の方が前面に出てきちゃってますけれども。
    私の住んでる所は関西なので東京には無関心ですが、それなりに書き込められれば、充分に魅力は伝わってきますし興味も湧きます。
    むしろ知りたいな、総武線の魅力をもっと。そう思いながらの読了でした。偶然にも、あらすじを読んでなくて正解でした。
    ではでは、楽しませて頂きましたー
     

     *


    75●[822] 有部理生「彼女と俺に視えるもの」
    あらすじ:
    ちょっと不思議な彼女と、バイクの二人乗り。
    URL:http://ncode.syosetu.com/n8396cg/
     

    [感想]
    初めまして、こんにちは。
    多分ですが……途中ですよねコレ。と、読了です。そう思ったのは、バイクで帰ってきてほしかったからです(笑)。あと投稿時間。
    なるほど、過去視。面白そうな題材を持ってきました、胸わっくわくー、です。
    全体的に、文章にぎこちなさや、視覚的であっても書き込み不足な感が否めませんが、彼女の可愛らしさは、よく伝わってきました。と、いうのも主人公の目を通して語られるのだから、主人公のラブ度による。言っちゃえば男女のイチャコラなんですけど、ほんわかして、とても和みます。
    書いてないけど、しっかり彼女を家まで送るんだよ!! バイクで。
    では、楽しませて頂きました。

     

     * * *


    真っ白な心で読むのって、難しいと思う。読む前に感想欄とか見ちゃいますかね?

    感想を書き続けていると、書き方がパターン化してくる・・
    挨拶から始めて、ではでは〜ってんで終わる。テンプレじゃないよ!!(笑)

    残念ながら削除された小説がありますけど、内容が悪かったわけではないと思うんですけれどもねぇ・・何故に。
    せめて企画が終わるまではしてほしくなかった。無念。

    では、掌編は以上、計75作品(自作1作を除く)。
    おつかれさまでしたー。

     

    スポンサーサイト

    • 2015.01.11 Sunday
    • 15:35
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM